顎関節症候群 TAMPOROMANDIBULAR SYNDROME

  • 託児・キッズルーム完備 CHILDREN'S ROOM
  • スタッフブログ BLOG
  • LINE@ 友だち追加

顎関節症に悩む人が増えています

近年、大人から子どもまで、幅広い年齢層にわたり顎関節症に悩む人が増えています。顎関節症は顎関節の異音や開口障害といった症状を伴いますが、軽症の場合は気付かないことが多くあります。

もしもそのまま放置していると症状が徐々に悪化し、治りづらくなってしまうこともあるのです。そのため、早めの治療が肝心です。顎に違和感を感じたり、開閉時に変な音がしたりすることに気付いたら、早めに当院までお越しください。

顎関節症の主要な症状

口を開けたときに指が縦に3本入らなかったら、顎関節症の疑いがあります。また、今のところは大丈夫でも慢性化させないためには早期発見が重要です。顎関節症の主要な症状は以下の3つです。

  • 顎関節を動かすと「ジャリ」などの音がする
  • 顎を動かすと、顎関節が痛い
  • 口が大きく開かなくなった

顎関節症の原因は顎への負担

顎関節症の原因は顎への負担です。顎への負担の具体例としては以下のようなものがあります。


不正咬合

不正咬合とは咬み合わせが不適切であるということです。咬み合わせは遺伝的な要因のほかに、環境的な要因からも影響を受けます。咬み合わせが悪いと片側の顎関節だけに力がかかったり、不適切な方向への圧迫につながります。

毎日の食事によって、このような顎への負担が蓄積し、顎関節症を誘発するおそれがあります。不正咬合を治すには、専用の装置を装着して歯列矯正を行います。

ブラキシズム

ブラキシズムとは歯軋りや食いしばりのことです。歯軋りや食いしばりは睡眠中やストレスによって起こるほか、運動中や力仕事の際にもしてしまいがちです。歯を力いっぱい合わせることで歯や歯周組織の破壊、さらに顎関節への大きな負担になります。

これを防ぐには日ごろから上下の歯を接触させないように意識したり、スポーツではマウスピースを使用するなどの方法があります。

頬杖などの癖

顎の関節に負担のかかる癖と言えば、片側で咬むこと、うつ伏せ寝、横向き寝、頬杖があります。

このような癖があると、咀嚼筋や顎関節の緊張や疲労の原因となることがあります。癖は日常的に何度もしてしまうことですので、直すように心がけないと顎関節症の症状を長引かせる要因となります。

慢性化すると頭痛や肩こりの原因に

顎関節症は慢性化すると、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまいなどの原因となることがあります。これらの症状は他の病気においても起こりうるものですので、顎関節症が原因だと診断することは容易ではありません。心配な場合は、歯科・歯科口腔外科などで顎関節のチェックを受けてみましょう。
また、見た目の上でも顎のずれは確認できます。口角を結ぶ線と両目を結ぶ線が平行にならないのが特徴です。当院でも顎位のチェックを行っておりますので、ご利用ください。

Contact お問い合わせ

TEL 03-5850-5478

24時間WEB診療予約

【平日】10:00~13:30/15:00~19:30 【土曜】09:30~13:30/15:00~17:30 ※受付は一時間前迄。水・日は休診(祝日がある週は水曜日診療)

アクセス・診療時間 access / schedule

じん デンタルクリニック
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-17-12国際理容協会ビル1F
TEL:03-5850-5478   FAX:03-5850-5487

JR 日暮里駅下車 徒歩5分
JR 鶯谷駅下車 徒歩8分

 
10:00 - 13:30
15:00 - 19:30

… 土曜は09:30~13:30/15:00~17:30の診療となります
… 祝日がある週は水曜日診療となります
※ 受付は一時間前迄
【休診日】 水・日は休診 (祝日がある週は水曜日診療)

アクセス・診療時間