スタッフブログ

自分にあった歯磨き粉の選び方

2018年6月22日 (金)

カテゴリー: ,,

今回は歯磨き粉の選び方についてお話していきます。

薬局にいくとセール品から少し高価な歯磨き粉まで様々あります。

患者さんに伺うと1000円前後の高価な歯磨き粉を使っておられる方が多いように感じます。歯科医院で専売している歯磨き粉も1000円前後が多いです。

よって、最近では値段の事を気にせず、患者さんにあった歯磨き粉をお勧めしやすくなりました。

歯磨き粉選びのポイントを箇条書きに並べてみます。

  1. 目的 歯磨き粉を使う目的とは、「歯垢を落としやすくする」ということです。

ここで間違えやすいのは歯磨き粉で歯垢は取れないということで、

歯垢を取るのは歯ブラシなのです。

よって歯磨き粉は歯垢を取る補助的な役目しかありません。

  1. 薬効成分 一般的な歯磨き粉には歯垢を取る研磨剤や泡立ちの為の発泡剤、

乾燥を防ぐ保湿剤やハッカなどの味つけなど最低限の素材が入っています。

それとは別に歯磨き粉それぞれの特徴として薬効成分が入っています。

ここがポイントです。虫歯が気になる方にはフッ素配合がお勧めです。

知覚過敏が気になる方には硝酸ナトリウムというミネラル配合の歯磨き粉

(一般的にはシュミテクト)がお勧めです。

その他、虫歯菌や歯周病菌を殺菌(CPCなど)するもの、

歯垢(バイオフィルム)を柔らかくするもの(IPMPなど)、

歯ぐきの痩せを予防するもの(研磨剤フリーなど)、

ハッカのような刺激を極力抑え乾燥を防ぐものなど様々あります。

最近では、エナメル質を作っているミネラル配合でエナメル質を強くすることで、虫歯や知覚過敏、着色予防にも対応できる最強の歯磨き粉があります。

  1. 味 味がいやなら歯磨きがきちんとできませんので、これも意外と大切なポイントです

簡単ではありますが、歯磨き粉選びのポイントを挙げました。

また、歯科関係者の立場から使用してはいけないとされる

市販品の歯磨き粉や歯科衛生士の敵にもなりうる歯磨き粉もあります。

ただ患者さんとお話していると、ご自身で思っていらっしゃる口の中の問題と

実際の問題が違っていてもっとその方にあう歯磨き粉があるのになと感じる事があります。それに、「いい歯磨き粉を使っている」という安心感があって実際には歯垢が取れていないという場合もあります。

大切なのは、歯ブラシで歯垢を落とすために、その手助けとして歯磨き粉を使うという大前提を忘れず、ご自身の口の中の問題にあった薬効成分を選び、正しく使用できているかということなのです。

自分にあった歯磨き粉を選ぶというのは自分の口の中を知る事になります。

ぜひご自身のお口の中に興味を持っていただくきっかけにしていただけると嬉しいです。

 

日暮里 歯医者

じんデンタルクリニック

歯科衛生士 久保田 めぐみ


Contact お問い合わせ

TEL 03-5850-5478

24時間WEB診療予約

お問い合わせ

【平日】10:00~13:30/15:00~19:30 【土曜】09:30~13:30/15:00~17:30 ※受付は一時間前迄。水・日は休診(祝日がある週は水曜日診療)

アクセス・診療時間 access / schedule

じん デンタルクリニック
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-17-12国際理容協会ビル1F
TEL:03-5850-5478   FAX:03-5850-5487

JR 日暮里駅下車 徒歩5分
JR 鶯谷駅下車 徒歩8分

 
09:30 - 13:30
15:00 - 19:00

… 土曜は09:30~13:30/14:30~17:00の診療となります
… 祝日がある週は水曜日診療となります
※ 受付は一時間前迄
※ 土曜日の訪問診療の受付はしておりません
【休診日】 水・日は休診 (祝日がある週は水曜日診療)

アクセス・診療時間